仏さまの救い

6月に入りました。いよいよ梅雨入りですね☔

鬱陶しい季節ですが、大自然の中に身を置くと

誰もが清々しい気持ちになると思います。

雨にはこの花がよく似合いますね
DSCN1789.jpg
          <紫陽花>

まるで心が洗われるよう・・・。不思議ですね❓。

先程までざわついていた心が、時を待たず落ち着いてくれる。

自然は、なぜ私たちをこんなにも心豊かにしてくれるのでしょう。


それは、自然の中には一切計りごとがないからですね。
DSCN1696.jpg


花が美しく咲くのはなぜでしょう?
DSCN1709.jpg
            <ユリ>
         
私は、人間を楽しませるために咲いてくれていると

勝手に思っているのですが、花は自分を美しく見せよう

などとは決して思っていないはず。
IMG00214.jpg
          <アリウム・ギガンチウム>



四季の移り変わりの中で、純粋に自らのいのちを

まっとうしているだけ・・・。
DSCN7005.jpg
          <バーバスカム>





木々が実をつけるのはどうしてでしょう?。

それもただ、本分を全うしているだけ‼・・・。

IMG00232_HDR.jpg
            <桑の木>



結果、私は今その恩恵にあずかっている・・・大きな施しですね
IMG00237_HDR.jpg
            <桑の実>


その、計らいごとのない世界に触れたとき

人は、静かな感動を覚え、畏敬の念を抱かずにはおれません。

それこそ、仏さまの世界です。



それに比べて、私たちが生きる世界は、なんと計りごとの

多いことか・・・。

損か得か・・・。

     役に立つか立たないか・・・。

     好きか嫌いか・・・。



そこから生まれるのが固定観念と、自分さえよければよいという心。

悲しいことですが、それが人間の性なのですよね。

だから、世界のどこかで常に起きている戦争は、今も終わらない‼。


DSCN3711.jpg
        <兵庫県と岡山県の県境にある名もないカフェ


私は2010年11月に僧侶になりました。

12年前ですが、そこから何が変わったか…。

私自身、な~んも変わっていません。



仏教を学んで、親鸞聖人の教えに出会って、はっきり分かったことは

      人間は、徹底して無力であると、いうことです。


DSCN3706.jpg


人間の無力さを、よくよく自覚するとき

わたしたち凡夫には、人を救える力なんてないのです。

救えるのは、「仏さま」だけです。


例えば、ここに飢えで泣き叫ぶ子供がいたら

どうすればいいでしょうか?

また、苦しんでいる人や、困っている人がいるとき

わたしたちは、助けてあげたい、力を貸してあげたいと

いう心が働きます。

心の奥底で、わたしは、善人でありたいと思っている。


DSCN3700.jpg


慈善事業や、ボランティアは善行です。

わたしたちの計らいでは、何とか努力しようとするでしょう。

しかし、心の奥底で、わたしはいいことをしているという思いが

ありはしないでしょうか?



一つ間違えば、わたしは、あれだけ尽くしてあげたのに…と

不満に変わる気持ちが湧いてくるかもしれません。


そんな醜い一面も、持ち合わせているのが

人間、この〝わたし” なのです。

DSCN3689.jpg

お金持ち=幸せ?

   親の遺産で子供に争いごとが起こったら?


病人=不幸?、健康で長生き=幸せ?。 

   では、健康な夫が浮気をしたら?


仏さまは、「病気になっても、幸せな病人になることはできる」と、

教えて下さいます。

 DSCN3697.jpg




つまり、仏さまの救いとは、

病人は病気のままで幸せな生き方ができることに気づかせて頂くこと

なのです。

その真意は、仏さまのお心を聞いていかないとわかりません。

次回、お話させて頂きますね。



自分に降りかかる、辛さ、苦しさを味わう中で

その意味が見いだせたら、必ず「ありがたいな、よかったな」と

思えます。


    それが、ほんとうの救いなのです。




歳を重ねながら、感動と喜びのご縁を生きていければ幸せですね

IMG01101_HDR.jpg
             
           南無阿弥陀仏 (合掌)
















この記事へのコメント

  • もこ

    損か得か・・・。
      役に立つか立たないか・・・。
         好きか嫌いか・・・。
    自分さえよければよいという心。 確かに…
    人間は、徹底して無力である   確かに…

    仏さまの救いとは、
    「病人は病気のままで幸せな生き方ができることに気づかせて頂くこと」
    良いお言葉を頂きました 
    2022年06月03日 20:41
  • シナモン

    こんにちは
    「病人は病気のままで幸せな生き方ができることに気づかせて頂くこと」
    良いお言葉を教えていただきありがとうございます。
    これからゆっくり考えたいと思います。
    2022年06月04日 15:47
  • eko

    こんにちは!
    ガクアジサイ、綺麗ですね。八重のユリも綺麗ですね。珍しいです。
    桑の実、たくさん収穫されましたね。子どもの頃おやつがわりに口の周りを真っ青にして食べた記憶があります。
    「歳を重ねながら、感動と喜びのご縁を生きていければ幸せ」なるほど良い言葉です。心がけたいですね。
    2022年06月04日 18:11
  • kimie

    慈恩さん
    こんばんは。
    もう間もなく梅雨入りですね。
    この季節はやっぱりアジサイが似合いますね。
    「病気になっても、幸せな病人になることはできる」
    今の私には、この言葉が一番気になりました。
    前向きで、暮らしたいと思っています。
    ありがとうございます。
    2022年06月04日 21:15
  • ゴンマック

    こんにちは。
    雨にぬれる紫陽花に出会える季節になりますね。
    自然の中には一切の計りごとがない、そして幸せな
    病人になることはできる、色々と考えてみたいと思いました。
    2022年06月05日 14:44
  • るなまる

    紫陽花咲く季節になりましたね
    天候不安定も多くこちらでは雹が降ったりとか
    これも大自然なるもの人間の力ではどうにもなりませんね
    自然破壊の多い世のなかですが小さな自然に安堵の気持ちも巡らせてくれますね
    病気になっても、幸せな病人になることはできる
    なるほどです💡
    2022年06月05日 18:28
  • つばさ

    最初から最後まで、かみしめながら拝読させて頂きました。
    計りごとなど無いとは決して言えない私ですが、
    心のどこかに仏さまにすがったり謝ったりしながら
    過ごしてきたように思います。
    自分が苦しんだり悲しんだりすることで、初めて
    他の方の気持ちに寄り添えるということも知りました。
    単に年を重ねるだけでなく、人として豊かな
    重ね方をしていきたいと思うこの頃です。


    2022年06月05日 21:53
  • もこさんへ…慈園

    もこさんようこそです。
    お返事遅くなってすみません。

    仏さまとは宇宙の真理(まことの道理)なのですね。
    わたしたちは、これまでいかに、わたしがわたしがと
    身勝手な生き方をしてきたか教えて下さったのが
    真理の世界から来現したお釈迦様なのです。

    お釈迦様が説かれたお経には、この宇宙というものの根底には
    「あらゆる生き物、衆生が幸せになってほしいという願いがある」
    と言われています。
    また時折、そのことに触れていきますね。
    もこさんコメントありがとうございますm(__)m。
    2022年06月06日 21:12
  • シナモンさんへ…慈園

    シナモンさんこんばんは~♪

    そちらはお天気どうですか?
    関東の方は不安定なお天気で梅雨入りの様子。
    気候の変わり目です。ご自愛くださいね。
    仏さまの願いやお謂(いわ)れについて
    また追々お話していきます。
    よかったら覘いてみてくださいね。
    コメントありがとうございますm(__)m
    2022年06月08日 21:37
  • ekoさんへ…慈園

    ekoさんこんばんは。いつも有難うございます。
    紫陽花が美しい季節になりました。
    ekoさんも桑の実のお味、ご存じなんですね。
    やはり生食が一番で、私はサラダに入れたり
    ジュースにしたり、たまに頬張ったり(笑)
    やはり口周りは紫色になります\(◎o◎)/!

    >歳を重ねながら、感動と喜びのご縁を生きていければ幸せ」
     なるほど良い言葉です。心がけたいですね。
    ekoさんも自然の中を歩いている日々ですからきっと
    感動することも多いでしょう。
    歳と共に思いも深くなるようで年とるのも悪くないですね。
    コメントありがとうございますm(__)m
    2022年06月08日 21:45
  • ゴンマックさんへ…慈園

    ゴンマックさん、お忙しい中コメント
    ありがとうございますm(__)m
    梅雨の時期、日本のどこにいても見られるのが
    紫陽花ではないでしょうか?
    しっとりと雨の中、静寂な落ち着きを感じさせますね。
    仏さまに出会うということは、心に迷いがなくなり
    歩むべき一筋の道が見えてきます。
    折に触れ、お話していきますね。
    よかったらまたのぞいてみて下さいね。
    2022年06月08日 21:54
  • winga

    おはようございます。
    「無力」ふぅ、この言葉は私の心を楽にしてくれます。
    力まなくていいのに、いつの間にか力が入ってしまう。
    困ったもんです。

    紫陽花。雨のしずくが似合いますね。
    美しくまっとう出来たらいいなぁ。
    2022年06月10日 09:17
  • るなまるさんへ…慈園

    るなまるさん、こんにちは。
    そちらは梅雨入りしましたね。関西は来週かな?
    最近は気候も荒れ模様。何が起きても不思議でない
    地球です。気持ちがぶれないようにするためには
    過去でも未来でもない「今ここ」に軸足を置いて立つ。
    いのちとは、今、この瞬間の時間です。
    >自然破壊の多い世のなかですが小さな自然に安堵の気持ちも
    巡らせてくれますね。
    おっしゃる通りです。自然の中に生きる植物も小鳥たちも
    その道理をありのままに生きている。
    人間も見習いたいものですね。
          コメントありがとうございます。

    2022年06月10日 17:23
  • つばささんへ…慈園

    つばささんこんにちは。
    関西も梅雨入り間近となりましたね。
    お越しいただき、コメントは感謝です。
    有難うございますm(__)m

    拝見しながら思ったのですが、つばささんの身に起こった
    お辛い経験は、決して無駄になってなくて、より一層
    他人への思いやりが深くなり、温かいお気持ちが増して
    心が豊かになられたのではないでしょうか?
    >心のどこかに仏さまにすがったり謝ったりしながら 過ごしてきたように思います。
    それは、仏様はお見通しです。計りごとのない人などこの世に
    いません。だから仏さまはそんな私たちを見捨てない。必ず救う。
    とおっしゃいます。
    仏さまを心のよりどころに生きて行って下さい。何をどう救われるのか・・・。またお話していきますね。
    2022年06月10日 17:43
  • kimieさんへ…慈園

    kimieさん、こんにちは。
    いつもお返事が遅くなり、申し訳ありません。

    鬱陶しいと思う梅雨も見方を変えれば落ち着ける時間だとも
    思えます。
    またその合間に顔を見せる太陽の清々しさを愛おしく感じる
    事も出来るのではないでしょうか?。
    全ては我々の気持ちひとつ。
    それは目に見えないものに大切なことがあるんだよ。と言われる
    仏さまのみ心に添ったとき、「そうなんだよねっ」て素直に頷ける
    わたしの心なのです。
    Kimieさん、ご一緒に前向きに暮らしていきましょうね。




    2022年06月10日 17:57
  • つむぎ

    こんにちは~
    梅雨入り近くなりました。
    ブルー額紫陽花がきれいですね。
    沢山の桑の実久しぶりに見ました。
    懐かしく感じています。
    損か得か~役に立つか立たないか~
    好きか嫌いか~
    大なり小なり計算している私がいます。
    狭い考えから抜け出せません。
    2022年06月12日 15:19
  • wingaさんへ…慈園

    wingaさんこんばんは!
    今日関西は梅雨入りしましたね。
    暫く我慢の日が続きそうです。

    ホント!人間は「無力」、且「愚か」です。
    何故そう言い切れるか…
    貪り・憎しみ・迷いの三毒から完全に離れることが
    出来ないわたしたちだからです。
    阿弥陀様は、そんな「わたしたちをもれなく救う」と
    誓われて長い長い年月を修行され仏さまになられたのです。
    そのことが、お釈迦様の説かれた『大無量寿経』というお経に
    示されています。
    だから「はい‼わかりました」と素直に頷けたらwingaさんが
    おっしゃるように、心を楽にして力まなくていいのです💛
    仏様の願いが何なのか、きっとwingaさんなら今後も問い続けて
    行かれる人生であられることでしょう。



    2022年06月14日 21:31
  • つむぎさんへ…慈園

    つむぎさんこんばんは~
    ようこそお越しくださいました(^^♪

    梅雨に入りましたね。しばらく鬱陶しい日が続きます。
    桑の実召し上がったことがおありですか?
    生食が美味しいです。私はサラダに入れたりジュースに
    します。
    損か得か、好きか嫌いか、役に立つかたたないか、計算
    しているのが人間だ。そこに愚痴や怒りや迷いの苦悩が
    生まれる。と仏さまはお諭しくださいます。
    そのことに気づいていくためには仏さまの願いを聴いて
    いくしかないようです。
    今日のご縁を有難うございます。南無阿弥陀仏🙏

    2022年06月14日 21:49
  • イエティ1号

    慈園さん本当にご無沙汰しました。
    ようやく少しづつ身体も動く様になり、ブログもゆっくりですが再開していけるようになりました。
    これからもどうぞよろしくお願いいたします
    m(_ _)m

    度々訪れて下さりありがとうございました。
    気持ち玉、とても励みになりました。
    桑の実、我が家のブラックべりーに似ていますね・
    2022年06月15日 15:01
  • yasuhiko

    紫陽花の花が美しい。
    桑の実の豊かなことにも驚きます。
    生きとし生けるもの全てに
    仏性は宿ってるのかも知れませんね。
    2022年06月15日 16:12
  • ぺこ

    たいへんご無沙汰してまいます
    でも、記事はいつも拝見してました
    気の利いたコメントも出来ず、失礼していました

    私もsee saaに移行しました、よろしくお願いします

    私は癌を患うまで、本当にどこが痛いここが痛い
    だから、何も出来ないって思って
    健康な人が羨ましいと思ってました
    いざ大病したら、冷たいと思ってた人が暖かかったり
    家族も親戚も友人も巻き込んでの闘病でした
    10年が過ぎて、今は感謝しか無いです
    ブロ友さんも含め周りの全ての人に感謝しかなく
    幸せな自分が嬉しくてたまりません
    勿論、後遺症に悩まされる事もありますが
    ご飯が美味しかったり、花が綺麗に咲いてくれたり
    日々幸せを見つけています
    慈圓さんの、記事拝見してもう一回心新たに
    しています
    貴重なお話し、ありがとうございました😃
    2022年06月16日 09:29
  • イエティ1号さん慈へ…慈園

    イエティ1号さん、ようこそ♡
    ブログ書けるようになられたのですね。
    よかったです‼ (^ω^)
    どうぞご無理さらずなさらず体調管理してください。

    イエティ1号さんはまだブログ移行前で気持ち玉入れる
    事ができて助かりました。
    ブラックベリー作られているんですね。
    もう食べ頃ですか?・・・
    コメントありがとうございますm(__)m


    2022年06月16日 19:59
  • すずりん♪

    実はこの記事を拝見して私はすぐには、かみ砕くことができず、時間が経ってしまいました。
    その間に従弟が医師から彼の生命力を信じるしかありませんと言われるようなことがありましたが、幸いにも快方に向かっています。慈園さんがおっしゃってた「生かされたのには意味がある」を思い出しました。
    私を顧みて
    醜い一面も、持ち合わせている。
    徹底して無力である。
    これらは本当にそう思います。
    自分に降りかかる、辛さ、苦しさを味わう中で
    その意味が見いだせたら、必ず「ありがたいな、よかったな」と思えます。
    これはまだ意味が見いだせてないような気がします。
    一切はかりごとのないあるがままの姿で生きていけるといいなぁとは思うのですが、難しいです。
    「歳を重ねながら、感動と喜びのご縁を生きていければ幸い」という言葉はまた一つ慈園さんから頂いた言葉だと思って心に刻んでおきます。
    2022年06月18日 17:04
  • yasuhikoさんへ…慈園

    yasuhikoさん、アジサイの花をあちこちで見かける
    そんな季節になりました。
    花も実もその時期になれば自分の居場所でいのちを
    めいっぱい全うして終えていきます。
    わたしも35年間、マンション裏山の花や木々小鳥や昆虫と過ごしてきました。
    おっしゃるように生きとし生けるもの、すべてに仏性が宿っていると思います。
    いのちあるすべてのものを救わずにはおかないという誓いを立てて成就し、仏になられたのが阿弥陀仏であるとお釈迦様のお経に説かれています。仏のお言葉を信じ花鳥風月に思いをはせるとき、大きな世界に仏性が宿っていると感じますね。同時に、法に照らされて無知無明の人間(私)が知らされてきます。有難いことです。南無阿弥陀仏。
    コメント、ありがとうございますm(__)m
    2022年06月18日 18:14
  • ペコさんへ…慈園

    ぺこさんこんにちは(^^♪
    コメント嬉しく拝読いたしました。
    お返事が大変遅くなり、申し訳ありません:;(∩´﹏`∩);:

    >私は癌を患うまで、本当にどこが痛いここが痛い だから、何も出
     来ないって思って 健康な人が羨ましいと思ってました
    この湧き出る感情は、当然のことですよね。痛い自分を擁護することが最大のいたわりですから。

    >いざ大病したら、冷たいと思ってた人が暖かかったり 家族も親戚
     も友人も巻き込んでの闘病でした 10年が過ぎて、今は感謝し か
     無いです
    価値観の広がりが起きたのですね。
    まさに自分が意識するしないにかかわらず、みほとけは「常にあらゆるすべてのものを救う」とのお心で働きかけて下さっている、その腕の中に抱かれたのです。だからすべての人に感謝が出来るペコさんなのです。どうぞ、しっかりと仏さまに心を向けて下さいませ。それこそが仏の救いなのですから。素晴らしい体験談をお聞かせいただき慈園もとても嬉しいです💛  有難うございますm(__)m
    南無阿弥陀仏🙏


    2022年06月19日 09:56
  • すずりん♪さんへ…慈園

    すずりん♪さん、お返事が遅くなってすみません😭

    従弟さんのご病気から「生かされたのには意味がある」と私が言った言葉を思い出して頂けたのですね。有難うございますm(__)m。
    従弟さんは生死の境をさまよわれるご病気(お怪我?)をされたのでしょうか?。
    快方に向かわれているとのこと、本当によかったですね。

    その方にも、生きててよかっただけでなく、生かされた意味を自分の心に問うて行ってほしいと思います。

    人は皆、普通元気だった人が、次の日亡くなる(つまり「生は
    死と隣り合わせ」)なんて考えもしませんよね。

    しかし、今のすずりん♪さんが当事者だったらどうでしょう?。

    現実に起こった辛く苦しい事柄を消し去ることは出来ません。
    生死の世界をさまよい、それまでの悩み、苦しみを経て「病気になったからこそ…。辛い事柄に出会ったからこそ…。死を意識して生きる大切さに気づかせて頂いた」。「ありがたいな。よかったな」と、味わうせてもらうことが意味のあることなのです。
    そのご利益が感謝の心。みんなみんな(人''▽`)ありがとう☆の言葉なのです。
    ペコさんのコメントに目をとめて頂けばわかると思います。

    そこから残された年月、人との関係性においても、また自分自身のやるべき事柄や進むべき道においても、優先順位がはっきりと見えてくることに気づかされます。
    それが仏さまのお働き(救い)、南無阿弥陀仏なのだと、お釈迦様はお諭くださいます。

    > 一切はかりごとのないあるがままの姿で生 
     きていけるといいなぁとは思うのですが、
     難しいです。
    おっしゃる通りです。人間は無理です。だから仏さまが「苦しみ、悩む人間(私)を救わずにはおられない。私の名前を呼びなさい。必ず救う」と誓われて長い年月修行し、阿弥陀様という仏になられたと、お釈迦様の『仏説無量寿経』の中に説かれています。

    仏法は決して難しい教えではありません。
    煩悩から逃れられないわたしたち凡夫が幸せになるための教えです。
    難しく考え、迷うのも煩悩あるがゆえですが、、、。
    仏の教え(宇宙の真理)に「はいそうでした!」と素直に頷き、従うことが、迷いを抜け出す道だと親鸞聖人も仰せです。

         なむあみだぶつ🙏。



    2022年06月21日 13:10
  • しもじいさん

    こんにちは~。
    今年の梅雨は雨も降らずに上がってしまいましたね、毎日暑い日がつずいていますが何とか頑張っております。
    今日はいいお話を読ませていただき大変勉強になりました、私も後何年生きられるか日々悔いのないようにして毎日を過ごしております。
    周りの人たちや家族に対しても「が」を捨てて感謝の気持ちを込め悔いのない生活に努めようと心がけております。
    有難うございました。
    2022年07月01日 10:29
  • 心臓

    コメントありがとうございました。
    凄いですね~89とは・・!
    昔現役のころお付き合いで練習もせずいきなりコースに出てひどい目にあいました(笑)。
    最初の内は数えていたのですが穴?を目の前にして行ったり来たり記憶にある数字が200を超えていました(笑)、その内仲間からも後ろからくる人たちからももういいから早く行け~と怒鳴られ散々でした。
    たいていのスポーツは平均以上出来るのですがゴルフだけはひどかったです(笑)。

    それにしても今回の話、大変ためになりました。
    昔、キムタクと常盤貴子のドラマでビューティフルライフと言う番組があったの覚えてますか?
    あの中で二人が食堂で喧嘩するシーンがあって、常盤が調味料をとろうとした時キムタクが取れないように手の届かないところにわざとずらすシーンがあったのですが、一見障害者えのいじめのように私は見えたのですが、五体不満足の著者の人に言わせればあれが理想の付き合い方だと言ってましたね、変にかばいあうだけではダメなんだそうです。
    それを聞いた時なんとなく納得するものがありました。
    世に言う「感動ポルノ」ではダメなんだと・・。
    私はうまく文に表すことが出来ませんが慈園さんわかりますか?
    これからもいいお話期待してます!


    2022年07月03日 22:56
  • とわ

    慈園さん ご無沙汰しています。
    引っ越しされたのですね。私も、ライブドアですが
    引っ越し完了です。て行くか、成り行き上…(笑)
    早朝よりとても良いお話を聞くことが出来ました。
    ありがとうございま~す。
    くれぐれもお身体に気をつけてお過ごしください。
    またお寄りしますね。(^o^)丿
    2022年07月04日 07:48
  • 詩音連音

    慈園さん(^^)
    こんばんは(^^)
    今回も有難いお話をありがとうございましたm(__)m
    ただ・・・になれない煩悩が多いワタシ・・・。
    まだまだ修行が足りません。
    が、「ありがとう」を常に言うように意識しています。
    福祉の仕事から、普通の株式会社〇〇に変わりました。
    「教えていただいてありがとうございます。」を連発してしまいました(^^;)
    かえって嫌味に取る方もいて、「アキサミヨ~」です(笑)
    TPOを考えないとだめですね(><)
    でも、いろんな人がいるのが会社です。
    「まいいか」「それがどうした」「人それぞれ」を何度も繰り返しています。
    慈園さんのような穏やかな日々を過ごせるようになるのはいつのことになるかしら・・・。
    でも、それを目指して前に進まねばばりませんね。
    いろんなことがあっても、前に進まなけれななりませんね。進むべき道があることは幸せですね。

    2022年07月04日 18:33
  • しもじいさんへ…慈園

    こんばんは~♪

    暑い暑い日が続いています。
    どうにか日を送っていますが体に応えますね。

    人のいのちは年齢通り逝けるとは限りませんね。
    でも75歳の声を聞いてから私も体力が落ちました。
    おっしゃるように悔い無き人生を送りたいものです。

    ああ~‼ 周りへの感謝の言葉がかけられるしもじいさん
    素敵です。
    歳重ねて「我」が少なくなる生き方は理想的ですね😍
    2022年07月06日 19:59
  • 心臓さんへ…慈園

    心臓さんお越しいただきありがとうございますm(__)m

    >凄いですね~89とは・・!
    これね、プライベートゴルフですよ。多分5つぐらい
    ごまかしたと思いますよ(笑)後にも先にも1度きり。
    それからは100を切るのが関の山でした😰
    心臓さんも珍プレーで四苦八苦のゴルフだったのですね。

    キムタクと常盤貴子のドラマの話ね。TVは見ていませんが
    心臓さんの言わんとすることわかりました。
    ホントにそうなんですよ。阿弥陀仏の救いとは、色を付けない
    あるがまま、そのまんま、煩悩(苦・悩みの種)を持ったまま
    私を頼りなさいと言われています。
    だから「ありがとう」の感謝のお念仏なのです。
    2022年07月06日 23:10
  • とわさんへ…慈園

    とわさんこんばんは~♪
    相変わらずお返事が遅くなる慈園です。すみません😭

    とわさんのブログ、スッキリといい感じです。
    どちらも気持ち玉無しなんですね~。いいのか悪いのか…
    そのうえ記事書くのもゆっくりだし、もうマイペースも
    いいとこです【笑)。今後とも懲りずにお付き合いよろ
    しくお願いいたします。
    猛暑が続きますが何とか持ちこたえている慈園。
    とわさんもご自愛くださいませ。
    コメントありがとうございますm(__)m

    2022年07月07日 22:10
  • 慈園

    詩音連音さん、こんばんは~♪
    相変わらずスローなご返事でごめんなさいね。

    >・・・になれない煩悩が多いワタシ・・・。 まだまだ修行が足りま
     せん。 が、「ありがとう」を常に言うように意識しています。
    煩悩が取れないのが人間(わたし)なので仏さまが必要なのです。いくら千日回峰の修行僧でも死ぬまで煩悩をなくすことは出来ません。詩音連音さん安心してください(笑)。感謝が出来る人は素晴らしいです。お仕事変わられたのね。ほんと色んな考え方の人がいますよね。だから人生楽しい♪
     >「まいいか」「それがどうした」「人それぞれ」
    そうよ!これが大事。とにかく前に進んでいかねば。そこに必ず腑に落ちてうなずける気づきに出会うのです。幸せはつかむものではなくて感じるものでしょうから。
    詩音連音さん、またお会いしましょうね😄
    2022年07月09日 22:17
  • ベランダ・ファーマー

    自然の中に厳しいだけでなく、救いをずっと感じています。
    小学生の頃から、ずっと幸せについて考えています。
    何事も無いと、幸せに感じる昨今です。(笑)
    2022年07月20日 11:57
  • ベランダ・ファーマーさんへ…慈園

    ベランダ・ファーマーさん

    私たちが生きていく上になくてはならないもの
    それは、自然・モノ・人
    幸せはそれらとのかかわりの中で感じていくものでしょう。
    小学生のころから?
    すごい‼(笑)
    >何事も無いと、幸せに感じる昨今です。
    当たり前のことが有難いと感じられることは
    とても得難いことですね。
    こちらにもお立ち寄りくださり有難うございますm(__)m
    2022年07月22日 13:10
  • keikoさん

    慈園さん、こんばんは。
    ご無沙汰を致しております。
    読ませて頂き、お伝え下さったお話しが心にしみました。
    最近色々考える事が多いです。
    心配事が増えて来て、それがこうあってほしいと願う心になり、ああ感謝が足りないなぁ、欲が多いなぁ、大いなるものに委ねる心でいたいなぁと思うのです。
    そんな時に慈園さんのブログにお邪魔させて頂けたのはお導きでしたね。
    感謝致します。
    2022年08月10日 20:46
  • keikoさんへ…慈園

    keikoさん、こちらにもコメント寄せて下さったのですね。
    有難うございます。嬉しく思います。

    >最近色々考える事が多いです。 心配事が増えて来て

    その後に続くkeikoさんのお言葉がすでに解決されて
    いらっしゃるように思います。
    何故なら、ご自身を振り返り自省されておられるのですから。
    これが皆さん中々お気づきにならないのですよ。
    悩みの種はすべて自分のなかにあります。自省できたら
    その後はどうぞ意識をポジティブに。
    考え方はポジティブかネガテイブかの2つしかありません。
    当然、前者の方にされますでしょ(^ω^)

    2022年08月13日 21:45